宝塚歌劇宙組公演『FLY WITH ME』を観てきたオタクの早口感想

宝塚歌劇宙組公演『FLY WITH ME』を観てきたオタクの早口感想
宝塚歌劇宙組公演『FLY WITH ME』を観てきたオタクの早口感想

こんにちは。

観劇三昧OLです。

先日、宙組さんのコンサート『FLY WITH ME』に行ってきました!

大興奮のコンサート、忘れる前に書き残しておきます。

それでは、レッツゴー!

Advertisement

1st Flight

OVERTURE

幕開きの映像のスケールのデカさにびっくり。

めっちゃスカイツリーのそば飛ぶやん危ないやん。笑

映像が終わって出てくる潤花 ちゃんOLが可愛すぎて野口先生を拝みたくなり…。

気温はエレガントです✨は訳分からんかったけど笑

丁寧なグッズの説明&宣伝もスマートで良かったです。

あとキキちゃん(芹香斗亜さん)が言う

乗務員は宝塚モードをLDHポジションに移行してください」がとても好きでした👏

私達も普段の宝塚じゃなくてLDHポジションの宝塚を楽しむんだ!っていう気にさせてくれたので、あの一言はとても効果的でした。

そして階段上のセリから上がってくる真風涼帆機長、通称フライ様。

神が降臨したかのような神々しさ。

(実際は下から上がってきたんやけど。)

小さなお顔にあのグラサンはずるい。変な声出そうになるのを抑えながらオペラでガン見。

真風さんが足組んで座ったらどんな椅子だろうがそれはもう玉座よ。

初日と2日目マチネを見たんですけど、2回目に関しては出てくる前から暗闇をオペラで凝視してました。

何気にヅカオタしてから初めてやったかもしれない。暗闇オペラ。

FLY WITH ME

真風さん登場後歌い始める「FLY WITH ME」、普段宝塚じゃ聞けない曲調で最初の方はどう反応したらいいかわからんかったけど、

清く正しく美しい君と〜」で窓拭きダンスし始めたあたりから気分がぶち上がり。

窓拭く時両手に雑巾持ってあれやりたい。

この曲、真風さんの歌い方いつもとちょっと違う気がしました。いつもより喉の深いところで歌ってる感じ。

いつもみたいにハキハキ言葉を届けるよりも音楽を楽しむ方の歌い方なのかしら。

あとキキちゃんのハイトーンね。この人は一体どこまで歌が上手いんだろう。声が突きぬけて天井崩れないか心配になったわ。

本公演でやられると戸惑いしか無かったかもしれませんが、今回はコンサートやしあらかじめ白濱亜嵐さんの曲って教えられてるし、

新しい宙組が見れて楽しい曲でした。

LDH FLY MEDLEY

LDHの”FLY”がつく曲メドレー、最初はLDHの曲ってことすら分からんかったけどみんな楽しそうやし爆踊りしてるし

「これなんの曲…?」って思う暇もなく楽しめたのがあとから思い返しても凄かった。純度100%のエンターテインメント。

SOARIN’-Welcome to Sky Garden-

突然のディズニーシー感。

ソアリン♪ソアリン♪は初日振り付け覚えてなかったけどなんとなく振ってたら充分楽しかった。

そんなことよりも

「〇〇(タカラジェンヌの愛称)インザハーウス!」が新しかった。

※インザハウスは「ここにいるよ〜」的な意味らしい。

私たちは真風さん=「ゆりか」だったり芹香さんがキキちゃんなの知ってるけど、

宝塚初見のLDHファンの方とか戸惑っただろうな…。

ところでなぜこってぃはKOOTTY?

なぜどってぃはDOOTTY?

LDH独特のつづりとか?それかこれが正式?

有識者いたら教えてください。

MC①

ゆりかちゃん爆誕。

さっきグラサンかけて足組んでせり上がってきた真風涼帆はどこへ。

でも水飲む姿はめちゃくちゃ美しかったです。なんで。

そしてここで明かされる私たち観客の名前。

その名もエンジェル。👼

随分前にしたこのツイート、上位互換で回収されて嬉しかったです。(私はアリーナじゃなかったけど)

Advertisement

2nd Flight

みんな92って書いてあるトップス着てたり(真風さんは92期生)

電車のナンバーが0718(真風さんの誕生日は7月18日)だったり

真風さんへの愛を感じる小道具大道具たちにときめいてました。

Welcome to TOKYO

潤花〜!!!!

お声が艶っぽいからお姉さんな雰囲気の曲がとってもよく似合ってました。

あと娘役さんにダボダボのトップス×ショートパンツって新しすぎでは??

みんなの細さと可愛さがより際立ってめっちゃ良かったです。

Choo Choo TRAIN

普通に歌ってたのに、急に番傘出てきて何するのかと思いきや

歌舞伎座の映像と共に歌舞伎風Choo Choo TRAIN、いや、ちゆうちゆうとれいん。

未だにわけがわからん謎演出やったけど、真剣にやってる宙男たちの顔と声が良かったです。

銀河鉄道999

スーパーじゅっちゃんタイム。

なんやこの美声は!と思ったら天彩峰里さまがバットをマイクに見立てて歌ってるではありませんか。

最初そこばっか見てて、前でまかかの(真風さん、潤花ちゃん)がバカップル野球してることに気づきませんでした。笑

東京ドームの映像だから野球してるのよね?

真風さんが投げたボールが当たりそうになって怒る潤花ちゃんが、真風さんにごめんごめん!ってされて秒速でデレるのが可愛かったです。

みんな捌けて真風さんが電車にもどる瞬間、後ろの映像に「山王」って映ったのが見えてもう鳥肌でした。

ついにヅカローの時間が来てしまった…。

Advertisement

3rd Flight

「HiGH & LOW それは…」

本物のナレーション、本家LDHの映像。

まさか宝塚の公演で岩ちゃん(岩田剛典さん、コブラ役の方)が見れるとは。

ハイローのロゴ→宝塚のロゴに変わる時の

「シャラララーン♪」には笑いましたww

SWORD各チームの簡単な紹介は有難かったし、宝塚側も新規カットかな?見たことない写真あって楽しめました。

Do or Die

真風コブラさまのビジュアル大優勝。

あとしどりゅーさん(紫藤りゅうさん)は公演も山王なのかな??ホワイトラスカルズかと思ってた。

亜音くんはなんとなく山王っぽさあったから納得。

挿入歌ってことは大劇場でこの曲も聞けるのかと思うとめちゃくちゃ楽しみ。

タカラジェンヌのラップからしか得られないエネルギーがある。

正直頭が混乱してて記憶が飛んでますが、8月から毎日この人たちが生きて舞台に立つのかと思うと興奮しかなかったです。

WHITE OUT

キキちゃんあなたったら…!!!!!

ポスターの時点でえっぐいビジュアルでしたが、あれが動いてるんですよ。

グラサンステッキ手錠赤い手袋。

そして白いスーツ!ゼブラ柄のストール!

はあ…

あとホワイトラスカルズの女がおさよちゃん(小春乃さよさん)と俺たちのひろこ(水音志保さん)だったの、解釈が一致しすぎてて怖い。

ひろこ美人だよーーー美しいよーーー!!!

こちらもビジュアルに目を奪われすぎて曲あんま覚えてないので、ぜひ本公演でじっくり見たいですね。

STRAWBERRYサディスティック

じゅっちゃん???

え??可愛すぎるんやが????

・ピンクの特攻服かわいい

・腕を組みながら歩いてくるの可愛い

・がんばって悪そうな顔をしてるのが可愛い

・普段ひた隠しにしてたり、人によっては実家に置いてきてるであろう心の中のギャルを解放してて私たちの心鷲掴み

言いたいことがありすぎる…

野口先生、これ本公演でも見たいです。

じゅっちゃん頭で見たいです。

ほかのみんなもさ…可愛いのにオラオラしててもうトキメキがとまらなかったよ…

腕をムキッと💪🏻させる振りがあって、宝塚の娘役にこのポーズをさせてくれたKAORIalive先生に感謝しかありません。お中元は何が良いでしょうか。

KNOCK YOU OUT

これだけオリジナル曲だったらしいですね。

ハイローはザム(The movieのことをこう略すらしい)しか見たことないのであんまり詳しくないですが、

あの村山こってぃはかなり役作りが進んでいる村山だそう。

あの真面目なこってぃが…

ドリタイでは超絶奥ゆかしいこってぃが…

オラオラしてるのもまた素敵でした。

あと飛び蹴り?的な振りの時、滞空時間長くなかったですか?びっくりした。

こちらも本公演が楽しみなビジュアルの仕上がりです。

(あとこってぃには新公があるんだ…新公…君は誰をするんだい…)

One Day, One Lifetime

真風コブラさんと潤花カナちゃんのデュエットソング。

なんだかんだいって最後は宝塚らしく落ち着くんだろうな、

と、ある意味安心できる曲でした。

最後のおでこコツンが良かったですね…

カナちゃん死にそうやけど潤花ちゃんに死の影を感じない…生きてねカナちゃん…

HIGHER GROUND

てめぇら、後悔すんなよ

こんな感じのことを真風コブラさまがおっしゃった瞬間流れるあのイントロ!!!!!

HIGHER GROUND は最近たくさん聞いていたのでめちゃくちゃ盛り上がりました!

イントロぐらいは使うかな〜と思ってましたが、まさかパフォーマンスしてくれると思わなかったたのでもうぶち上がりましたよ。

カナちゃんも含めてみんなバキバキに踊ってて、ますます本公演が楽しみになりました。(さっきからこれしか言ってない)

ここまで見せられたらもうRUDEBOYSと達磨一家の期待も膨らむ…

個人的には達磨一家の曲が好き(とおりゃんせが一瞬入るところとか「だ・る・ま一家!」って言うところとか癖強くて好き)なので、ぜひ宝塚ver.でも見てみたいですね…。

(そしてさりげなく達磨一家を置いていく)

MC②

まかかのキキ(真風さん、潤花ちゃん、芹香さん)でトーク。

初日はキキさんがふざけてROCKY風に自己紹介してツッコミ待ちしたり、

本公演について「私達もよく知らない」と、まだ野口先生が何も知らせていないことをバラしたり笑

潤花ちゃんが強火真風担の力を遺憾無く発揮して真風さん×バイクがかっこいいとひたすら崇め奉ったり。

あと潤花ちゃん演じるカナちゃんはコブラさんの幼なじみなんですね。

潤花ちゃんがキャッキャ笑いながら真風さんと喋ってるのをほのぼの眺められるいい時間でした。

3rd Flightはヅカローの情報を程よくチラ見せされて、本公演行くしか選択肢を残さない野口先生の技にひれ伏しました。

Advertisement

4th Flight

ここからは少し宝塚風にシフトチェンジ。

L-O-V-E

Lと書いたらLook at me♪ まではよかった。

OはOK、(Vは聞き取れず)、Eで締めたらLOVEなのがもう野口先生ったら!笑

しどりゅーこってぃ亜音(紫藤りゅうさん、鷹翔千空さん、亜音有星さん)を存分に楽しめる時間でした。

このあと英語で歌うキキちゃんのまあ上手いこと上手いこと…。芸達者ぶりがここでも余すとこなく発揮されていました。

◆Too Darn Hot〜君の瞳に恋してる

このあたり、なぜか記憶が飛んでいる…

Too Darn Hot、なんか言葉責めがどうとか言うてましたよね?

色気がダダ漏れてましたよね???

脳みそパーンとなってて幻覚かほんとに見たのか確信がないのではやく円盤を下さい。

あと私頼まれてもないのに君の瞳に恋してるのペンライトの振り付けマネしてました。くるくるするの楽しかった。

Advertisement

5th Flight

Dream

潤花ちゃんの銀髪ショートカットに拍手喝采。

大人っぽい息が多めの声と曲調がぴったりで目も耳も幸せでした。

あとひろこね

ショートカットにしてたの!!!!!

かつらなのかボブをまとめて内側に折り込んでたのか分からんかったけど、ショートになってたの!

死ぬほど美しかったの!!!!!

Come Fly With Me

キキちゃんの英語歌再び。

あと潤花ちゃんの腕をすーっとなぞって(たぶん腕にキスしてる風の振り)

お鼻をツンとしてたのはここよね?

潤花ちゃんがめっちゃ幸せそうな顔してて浮気現場を見た気分になりました(違う)

キキちゃんの色気が大変なことになっていて、私たちの情緒もぶっ飛ぶステキ場面でした。キキかのもラブ。

Advertisement

6th Flight

Happy

爽やか!こってぃが爽やか!!(いや他のみんなも爽やかよ)

最初「なんか聞いたことあるけどなんやろ…?」ってなってサビまできてあ〜〜〜となった曲。

日本語にしたってことは円盤の時の権利が心配。なので目に焼き付けました。

「幸せなら手をたたこう♪」って歌詞はどこで聞いたことがあるような…。野口先生…。

勝手にしやがれ

まさか生で見れるとは。

めっちゃ興奮しました。野口先生オタクが見たいもの知りすぎてて怖い。

アアアーアアアーアアアアー・アー・ア・ア・アー

と最後の方区切って歌うのがまた新鮮で、真風さんの「勝手にしやがれ」になってるのもよかったですね…。

浪漫飛行

タオル振りーーーー!!!

誰か忘れたけど1人めっちゃタオル振る速度速くて笑いそうになったわ。笑

なんで浪漫飛行でタオル振るのかは分からんかったけど、これぞLIVE!!!!って感じを味わえてとても楽しかったです。

なんで人間タオル振るだけで楽しくなるんだろうね?

Advertisement

7th Flight

来てしまった…

野口先生お得意、トップスターの生涯を振り返るコーナーが来てしまった…

ほんとこれだったんよね。

真風さんの良いところを紹介する映像全てがデリシューで、野口先生デリシュー好きやねんな…っていうのがバシバシ伝わってきました。笑

ナレーションのりっつ(若翔りつさん)もめっちゃ心込めて(?)読んでくれるし、あれは笑うしかなかった。

ベラミ様の開襟が大画面で見れるのもまた良かったです。

あとパレードの映像流れた瞬間びっちり手拍子揃って、ヅカオタのDNAにデリシューが刻まれてる…!と謎に感動しました。

でもって問題の()パン屋さんコーナー。

デリシューの替え歌でレジ打ちしてた時シンプルに

(ドーナツ800円高いな…まあ、ゆりかちゃんのバイト先やし高級なんかもな…フィクションやし…)

と変に受け入れてたらまさかの本当は80円だったという←

値段間違えて売ってた(たしか80円→90円で売ってたはず…?)のは有名な話やけど、

「パン屋でバイト」じゃなくて

パン屋でバイトしてるゆりかちゃんはドーナツの値段を間違えてた

っていうところまで盛り込んでくる野口先生は流石でした。(褒めてる)

そんなこんなで(どんなだよ)初めてゆりかちゃんが宝塚を観るシーン。

真面目に美しく歌う天彩峰里様と、明らかにふざけてる(失礼)どってぃと、

それを受けて( ゚∀゚)・∵. グハッ!!っとなってるゆりかちゃんの三角形が絶妙に面白かったです。

宝塚に入学したあとに出てくるあきも小池先生(フルイケ先生)もまたいい味出しててさ…

本物の小池先生あんまりお見かけした経験が無いんやけど、みんな爆ウケしてたしきっと似てるんやろうね。

そのあと登場する潤花ちゃんの花の色すみれ先生も背が高いからサマになってたし、ハットの被り方、顔にかかる影が天才的でした。

あと両側に控えるりせなる(大路りせさん、泉堂成さん)のダルマが強い。笑

Lesson1 クールなダンス

お相手はこってぃ&亜音!

ハットをひょいっと投げてキャッチ→かっこよく被る動き、あまりに素敵で真風さんのオモシロ動作見ずにこってぃをオペラでガン見してしまうという。

やっぱりこってぃがカッコつけてるの好きやなあ。

Lesson2 華麗なマントさばき

お相手はしどりゅー!

ネバセイでオタクが狂ったマントさばきが再び見れるとは。

ゆりかちゃんが小さい声で「オレッ!」って言ってたのがもうキュートでしょうがない。

あとしどりゅーの白タイツと細い御御足を堪能できてよかったです。

Lesson3 明日へのエナジー

お相手はキキちゃん!!!!

「もっとイケメンに〜」ってキキちゃんに言われて眼鏡外した瞬間にゆりかちゃん→真風さんになる変貌っぷりが面白いったら。

あとさりげなく眼鏡かけてリュック背負うキキちゃんに違和感が無さすぎて、さすが神戸が産んだコメディエンヌ👏

Advertisement

8th Flight

シトラスの風

岡田先生扮するキヨ(優希しおんさん)が、ロマンチックレビューに出ないか!!って真風さんをスカウトして、

ジャージを左右に引っ張ったら現れるすみれ色の素敵なお衣装!

配信では上手くジャージか脱げなくて笑いながらシトラスの風歌い始めてたけど、

初日も2日目マチネもまあ見事に一瞬で脱げてさ。野口先生って変身させるの好きなのかしら。デリシューで潤花ちゃんもやってたし。

LDHの雰囲気が強いコンサートで聴くシトラスはなんか特別感あるというか、

実家に戻ってきた安心感のような謎の感情が湧きました。

JUMP!

オーシャンズ11観たことあるオタクならみんな大好きJUMP!

なんとなく、なんとなくやけど、

ダニーの真風さんじゃなくて星組時代のライナス真風さんなのかなという感じがしました。

キキちゃんの歌い方に、真風さんを元気づけてるような雰囲気を感じたのかも。

JUMPにしどりゅー入ってたのもなんか良かったですよね。当時のメンバーではないけどめちゃ馴染んでる。

もう1回別箱とかでやってもいいよねオーシャンズ11。

版権の問題で円盤に残るか心配!お願い!版権買い戻そう!!!星組とかでやろう!!!

◆丘の上のジョニー

あれ、これも記憶が飛んでいる…

しぶい声、階段を上がるときの背中

これぞ究極の男役…

色んな経験を積んで、絶対にコメディなんかにならないたくさんのご苦労を乗り越えてこの姿があるのかと思うと

それだけで胸がいっぱいになる場面でした。

TAKARAZUKA FOREVER

あーーーーーーー落ち着く!!!

聞いたことある曲!手拍子一瞬で揃う!

お衣装も綺麗で手先まで隙のない美しさ。

なーんでタカラジェンヌがゆらゆらしてるだけであんなに幸せな気持ちになるんでしょうね。

ヅカオタの心の実家TAKARAZUKA FOREVER。最高でした。

Advertisement

9th Flight

ここは「LDH×TAKARAZUKA MEDLEY」と称して、宝塚歌劇の各組のイメージに合うLDH楽曲を披露する場面でした。

野口先生、全組でLDHやりたかったんやろうな。

情熱の花

花組コーナー。

はじめLDHさんの曲と気づかなかったぐらい、宝塚楽曲に聞こえました。

まだ本家を聞けていないのですが、これは元の曲が宝塚と合うの?それとも編曲の賜物?

なんにせよ、モニターで曲名と花組のマークを確認するまで「あ、LDHコーナーか」と気づかなかったぐらいピッタリの曲でした。

花鳥風月

後ろの満月の映像が美しすぎるし、

その前に立ってるキキちゃんがほんとに輝いてました。

ここでくるのねまかキキ…。

しっとり沁みる歌声、儚い雰囲気。

この2人だからこそできる上質なデュエットでした。

Powder Snow〜永遠に終わらない冬〜

潤花ちゃんの第一声がとても柔らかくて、

まさにパウダースノーのような美しくふんわりしたお声で、

もうそれだけで泣きそうになった曲でした。

潤花ちゃんのあとを引き継いだじゅっちゃん(天彩峰里さん)もこれまた麗しくて歌が上手い…

羽根扇子と白いドレス、ゴージャスだけど上品な髪飾りをつけた娘役さんたちがみんな綺麗で、

タカラジェンヌってやっぱりフェアリーで、夢のような存在やなと改めて感じました。

苺美瑠狂たちと同一人物なんて信じられない。みんな振り幅凄すぎる。

あの空の星のように

りっつ(若翔りつさん)と、どってぃ(真名瀬みらさん)が歌い上げる中、まかかのが滑走路で踊る美しい場面。

りっつもどってぃも歌声が雰囲気にぴったりの柔らかさで、とても贅沢な瞬間でした。

まかかののデュエダンを上から見ていると、ドレスの裾がふわっと綺麗に弧を描いていて

真風さんの回すスピードと潤花ちゃんの体幹・足を上げる角度・キープ力の賜物なんだなあ…

と勝手に手が胸の前でお祈りポーズに。

ほんとに綺麗で、心に染み入るデュエダンでした。

O.R.I.O.N.〜R.Y.U.S.E.I.

黒燕尾群舞…。

なんてこった…。

最終的にボレロ調になったRYUSEI、宝塚作曲家たちの頭脳と感性をフルスロットルで結集させた感じがしたし、

それに加えあの羽山先生の振付だなんて…。

ランニングマンが無かったのはちょっぴり寂しかったけど、あれはあれで「宝塚歌劇がお送りするLDH」を最大限に体現してて私は好きでした。

宝塚ってすごい。

MC③

再びまかかのキキでトークコーナー。

最初はまかキキが舞台上にいて、呼ばれてからお水を持って変な声でテケテケやってくる潤花ちゃん。

野口先生はこの場面で潤花ちゃんに「黒柳徹子さんのように」という指示を出したと…。

初日は全然似てなくて、キキちゃんに

「片方鼻を抑えてやるとそれっぽい」と伝授された潤花ちゃん。(しかもキキちゃんの見本付き)

一晩たって2日目にはだいぶ上手くなっていてほんと面白いし舞台度胸ある。

「ペットボトル持ってたら鼻押さえられないから無くてもできるように練習しました〜(キラキラの瞳)」

タカラジェンヌって些細なことにも努力家やし面白いよ…潤花ちゃん最高だよ…

Advertisement

10th Flight

Y.M.C.A

コンサートのTシャツを着た宙男たちの爽やかナンバー!

みんな体の線がちゃんと男の子に見えてタカラジェンヌの体型管理に惚れ惚れ。

下級生までみんなソロを貰ってて、しかも滑走路で歌わせてもらっててジーンときました。みんなのお顔がよく見えてお声がよく聞けて良かったです。

ここも頼まれてないのにちっちゃくYMCA踊ってました。やりたくなっちゃう!

あとコロナ禍じゃなかったらみんなでフー↑フー↑したかったなーーーー!

すみれの花咲く頃〜LOVE,Dream&Happiness

私これ最初気づかなかったんですよ…

LOVE Dream Happinessって言ってるからLDHの曲なんやな〜とは思ってたんですけど、

まさかすみれとのマッシュアップとは…!

ここまで、

LDH色強めの新しい宝塚→LDH曲を宝塚風に

ときて、最後は混ぜてくるのかーーー!と。

コラボレーションだもんね。LDHをお借りするんじゃないんだもんね。

宝塚とLDHが融合した素晴らしい曲でした。

曲の細かいところは思い出せなくなってきてるので早く配信お願いします。

Rising Sun

わーーめっちゃ知ってる曲きたーー!!

宝塚が歌うとまた違う神々しさがありました。

これ歌ってるみんながとっても楽しそうで、最後までバキバキに踊ってて、(たぶん本家の振りも入ってたよね?)

とても元気をもらいました。

ここで盛り上がってからの次の曲はずるいんよ…

SEIZE THE DAY-今を生きる-

野口先生作詞の曲。真風さんのグッズによく入ってる「SEIZE THE DAY」というお言葉。

歌詞も曲調もちょっぴり切なくて、野口先生退団公演じゃないんだよこれ〜と思いつつもウルっときてしまいました。

「愛してる ありがとう」

というシンプルな歌詞に

いやいや私たちの方がありがとうなんだよ、何回宙組に、真風さんにパワーをもらったと思ってるんだよーーーーー!!

と心の中でぶちまけながら、広い会場の真ん中で1人歌う真風さんを見つめていました。

現地で見てる時はオペラでロックオンしてたので気づかなかったのですが、

配信で見た時、後ろに今までの真風さんのお役の映像が流れてて、

いやだから野口先生退団公演じゃないんよ〜(大号泣)

2016年宙組エリザベートでフランツを演じた真風さんに惹かれ、

お披露目公演でカイル王子がせり上がって来た瞬間大劇場でひとり号泣し、

しんと静まり返る劇場でSAPAの開演を待った記憶がぶわっと蘇ってきて、

ああこのタイミングで宝塚を好きになって良かった、真風さんに出会えてよかったと心から思いました。

ENCORE

真風さんの歌の力もそうですが、

この曲で花の道の映像はあかん!泣く!

「特別な時間をありがとう」

こちらこそなんよ…!こんなに素晴らしいコンサートを開催してくれて、道を歌ってくれてありがとうなんよ…!!!!

コンサートがもう終わってしまう寂しさと、真風さんを、宙組さんをたっぷり堪能できた満足感で胸がいっぱいになったアンコールでした。

おわりに

初日は観客側も出演者側も終わるタイミングが分からなくて、何回も出てきてくれる真風さんに「疲れてるだろうになんてサービス精神…」と手を合わせていました。

最初発表された時はLDH…??どんな感じになるんや…???と頭の中がハテナだらけでしたが、

宝塚、LDHともに1歩も譲らずお互いのいいところを最大限引き出して融合した今回のコラボは、今後宝塚が何かとコラボする時の良い指標になった気がします。(お前は誰や)

欲を言えば下級生の出番がもっと欲しかった…!けど、LDHファン・ハイローファン向けの宣伝も兼ねているとなればあの形もよかったのかなと思います。

個人的には、レーザーとか照明の演出が普段は見られないものだったので気分上がりました。楽しかった!

現場2回+配信じゃとても足りません。

可及的速やかに音源配信と円盤発売を何卒…!

そして8/26から始まるヅカロー、こちらも全力で予習して楽しみに待っています!

とても充実した東京遠征になりました。

それでは、

おあとがよろしいようで。

関連記事

宝塚歌劇カテゴリの最新記事