サンケイホールブリーゼってこんなとこ!【観劇三昧OLの勝手に劇場紹介②】

サンケイホールブリーゼってこんなとこ!【観劇三昧OLの勝手に劇場紹介②】

こんにちは。

観劇三昧OLです。

前回より始まった【観劇三昧OLの勝手に劇場紹介】シリーズ第2弾!

第1弾の記事はこちら↓↓

本日は西梅田にあるサンケイホールブリーゼをご紹介します。

私この劇場大好きなんです…。

今回は、

①おすすめポイント
②おすすめ座席
③豆知識

の3つに絞ってご紹介します。

それでは、

レッツゴー!

サンケイホールブリーゼ

観劇三昧OL
観劇三昧OL

出演者ですら「サンケイブリーゼ」とか「ブリーゼホール」って言い間違えるけど、「サンケイホールブリーゼ」やで!!

基本情報

場所

大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F

  • JR「大阪」駅桜橋口より徒歩5分
  • 地下鉄四つ橋線「西梅田」駅10号出口より徒歩3分
  • 阪神「大阪梅田」駅より徒歩5分

「ブリーゼブリーゼ」という商業施設の7階に劇場があります。

客席数

最大収容人数:912席

主な上演演目

「スリル・ミー」「きみはいい人、チャーリーブラウン」など中規模程度のミュージカルやストレートプレイの他、「刀剣乱舞」を代表する2.5次元ミュージカルが上演される。また、米朝一門の独演会など落語会も主要演目のひとつ。

公式サイト

http://www.sankeihallbreeze.com/

Advertisement

おすすめポイント:劇場の内装

ブリーゼの魅力と言えば絶対にこれ!内装です。

ロビーは「白」。

壁も柱も椅子も真っ白です。他の劇場は赤い絨毯などで高級感を演出しますが、ブリーゼは「近未来的」という言葉が似合います。真っ白です。

客席は「黒」。

椅子も床も壁も真っ黒です。真ん中に座っていたら通路の小さい照明も気にならないので、暗転時は本当の闇に包まれると思います。

こんな内装のおかげで、「スリル・ミー」や「スルース」、数年前に上演した韓国ミュージカル「INTERVIER」など、作品の持つ雰囲気が暗く静謐な空気が必要な演目が似合います。

これはブリーゼのサイトを見た方がわかりやすいかもしれませんね。サイトの下の方にコンセプトと小さく写真が載っています。→http://www.sankeihallbreeze.com/hall/index.html

観劇三昧OL
観劇三昧OL

客席からロビーに出ると白い内装がまぶしすぎて「目、目がぁっっ…!!」(ムスカ風)となります。

おすすめ座席

ブリーゼのおすすめ座席①M列センターブロック

座席表はこちら

M列9~23番(センターブロック)は、真ん中の通路のすぐ後ろの席なので人の頭が舞台を遮ることはありません。

舞台も真正面にくるので、全体を観たい方にはおすすめのお席です。

真ん中の通路より階段1段分高いところにあるので、正面を向いたキャストさんとまるで目が合ったような気持ちになることも・・・。

小さい劇場なので、M列ならギリギリキャストさんの表情もオペラ無しで楽しめますよ♪

ブリーゼのおすすめ座席②P列1番・31番

見やすい、とはまた違うかもしれませんが、

横(1番は左、31番は右)と後ろが壁のお席なので、端っこ好きには堪らない環境です。

守られているような感覚になること間違いなし!

真横に通路がない(KPOPアイドルなら通れる隙間はある)ので、座るまでの道のりは大変ですが、座ってしまえば後ろにも横にも人がいない快適さに落ち着いてしまいます。

ただし、壁が黒い&開場中も照明があまり当たらず暗いので、人によってはかなり圧迫感を感じるかもしれません。狭いところが苦手な方は避けた方がいいお席です。

こんな感じ↓

小さめの劇場なので、舞台との距離感もそこまで遠くはありません。でも舞台奥の方にいるキャストさんの表情を肉眼で観るのは厳しいかな…。

また、サイドブロックの端なので斜め方向に舞台がありますが、距離が少しある分全体を俯瞰して見られます。角度も気になりません。

観劇三昧OL
観劇三昧OL

人に四方を囲まれるのが苦手な方にはピッタリのお席です。

おまけ:2階席とバルコニーについて

2階席

2階席はかなり傾斜が急ですが、しっかり角度がついている分前の人の頭はそこまで気になりません。(前のめりされない限りは、ですが。)

ただし、座席表を見て分かる通り、かなり縦長の劇場になっています。

2階席の1列目は1階席N~O列目の上なのでそこまで遠くないですが、

2階席の中通路より後ろの2H列からは高さが急になってくるので、その分距離を感じるつくりになっています。

キャストさんの顔をまじまじと見つめるには向いていないですが、照明やステージ全体の動きを観るにはもってこいのお席になっています。

バルコニー

バルコニーのお席は、個人的にはあまりおすすめはしません。

ブリーゼの主催公演の時は「ブリーゼシート」と呼ばれ、すこしお安く販売される席になります。

いわゆる注釈付きですね。

壁に埋め込まれているようなお席なので、舞台の半分以上が見えないことも…。

刀剣乱舞などの売り切れ必至公演であればこの席でも観れるだけマシですが、普通のお席が売っている間はそちらを選んだ方がよいかなーと個人的には思います。

お安い席を選ぶか、見やすい席を選ぶか、お財布事情や公演に合わせて考えてみてください!

Advertisement

ブリーゼの豆知識

【ブリーゼの豆知識①】2階席までなのに4層ある不思議

こちらのツイートのお写真、左右のバルコニー席をご覧下さい。

バルコニー席が3層あることに気づいたでしょうか。

実はブリーゼ、客席は2階席まで・バルコニー席は3層存在しており、

  • 1階席後方に1階席バルコニー
  • 2階席前方に中2階バルコニー
  • 2階席真ん中辺りに2階席バルコニー

というつくりになっています。

あれ?じゃあ3層じゃない??

と思った方。違うんです。

ブリーゼは1階席前方・1階席後方で建物の階自体が分かれているので、4層構造になります。

(「近未来」って感想被った…笑)

内訳としては、

建物7階部分▷▶︎1階席前方

7-2階部分▷▶︎1階席後方&バルコニー

7-3階部分▷▶︎中2階バルコニー(&2階席前方)

8階部分▷▶︎2階席&バルコニー

となっているんですね!ややこしい!!

は?7-2?7-3?と思った方も大勢いるかと思います。

私もなぜこんな変な分け方してるのか分かりません。笑

劇場内のエレベーターで上の階に上がればすんなりいけますが、螺旋階段を登ってしまうとそこはもうプチ迷宮です。自分が今何階にいるのか一瞬分からなくなります。

その代わり、壁にこれでもかというぐらい案内の文字が書いてあるので迷った時は落ち着いてそれを見てくださいね

【ブリーゼの豆知識②】入り口横の銅像の名前

サンケイホールブリーゼの入り口横(劇場入り口外から見て左側)には、こんな像が置いてあります。

行ったことのあるみなさん、意識して見たことはありますか??

実はこの子、「レベッカ」って名前が付いているんですよ~~!!

今度行く機会がある方は、足元を見てみてください。名前が書いてあります。

思わず同じポーズで写真を撮りたくなりますね!(ならない)

観劇三昧OL
観劇三昧OL

落語の時はこの周りに幟が置かれたりします。なかなかシュールな光景です。

Advertisement

おわりに

いかがだったでしょうか!

本当はこの記事、スリルミー直前にあげてブリーゼに来る方に楽しんでもらえたらなあ…と思っていました。

残念ながら公演は中止になりましたが、スリルミーは過去3回この劇場で上演しているので、きっとまた再演してくれると信じています。

スリルミー以外に注目の演目といえば、わたし的には彩凪翔さまのバースデイコンサート「Wings」です♡

詳細はコチラ

朝夏まなとさんも退団後初めてのコンサートはブリーゼでしたが、まさか凪様もだなんて!

あと数週間で始まりますが、無事に上演できますように。

その他井上芳雄さん主演の「首切り王子と愚かな女」など、注目作品が続きます。

あらゆるジャンルの公演を行っているので、状況が落ち着けば是非足を運んでみてくださいね!

それでは、

おあとがよろしいようで。

劇場紹介カテゴリの最新記事