【感想】大興奮!エリザベートガラコンサートフルコスチューム2016年宙組ver.行ってきた!

【感想】大興奮!エリザベートガラコンサートフルコスチューム2016年宙組ver.行ってきた!

こんにちは。

観劇三昧OLです。

大興奮!!!

エリザベートガラコン

行ってきました…

梅芸1次抽選で当たった奇跡…

興奮冷めやらぬ終演直後から書いているので少し文が乱れてますが許してください。

’16宙組エリザは私が初めて真風涼帆さんという生きがいを見つけた公演なので、とても思い入れがあります。

そんな懐かしさに浸りつつ、ありのままの感想を綴っていきます。

がんばれ私の語彙力。

それでは

レッツゴー!

Advertisement

出演者

トート       朝夏まなと
エリザベート    実咲凜音
フランツ・ヨーゼフ 北翔海莉
ルイジ・ルキーニ  宇月颯
ルドルフ      澄輝さやと
ゾフィー      純矢ちとせ
マックス      悠真倫
リヒテンシュタイン 芽吹幸奈
少年ルドルフ    矢吹世奈
マダム・ヴォルフ  大月さゆ

綾月せり
麻尋えりか
扇町けい
愛純もえり
美翔かずき
如月蓮
琴音和葉
玲実くれあ
咲希あかね
天真みちる
貴澄隼人
菜那くらら
花陽みく
煌海ルイセ
蒼矢朋希

舞台セット

奥から手前に向かって下り坂になるように傾斜がついてるセットで、

上手、中央、下手に1本ずつ道があり、間にオケピ(上手:管楽器、下手:弦楽器)があります。

(なんと上手袖にもオケさんいたそう…!)

キャストの登場は左右or坂道の上からのどちらか。

トート閣下は今回歩いて降臨します。

劇場のお姉さんのアナウンスが

「携帯電話は電源を切るか機内モードに…」といっていたので、大掛かりな舞台機構はないのかなーと予想は着きましたが、坂道のてっぺんはせりあがれるようになってました。ぬーんて。(語彙)

オケピ前は下から15センチぐらい段差つけた扇形ステージが広がってて、そこを降りたり登ったりすることでシーンによっては銀橋に出てきてるかのような視覚効果。

こんな感じです。(雑な絵許して)

扇形ステージの下は通常の舞台です。

衣装・曲目

2016年当時とのなんとなーくの違いをピックアップしていきます。

衣装

フルコスチューム版ですからね。

フルコスチュームです。帽子もお髭も何もかも。

もちろん朝夏トートはサラサラ黒髪ロングヘア!

出てくる度に変わってるお衣装もそのままの再現でした。着替えはやっ。

エリザベートのドレスコレクションもそのままです。

おそらく着替えの時間の関係でハンガリー国旗のドレスだけありませんでしたが、あとは早着替え早着替えの繰り返しで当時のお衣装そのまま見れました。

北翔さんのフランツのお衣装に関しては、当時北翔さんが着ていたものかな?「嵐も怖くない」の衣装が真風さんのものとはほんのり違う気がしました。

あのね、みなさんね、

5年前の衣装をスッキリ着こなしている。

プロの体型管理ってすごいなあ…としみじみしてしまいました。

曲目

あとできちんとした一覧を追記しますがとりあえず。

「嵐も怖くない」の少し前、

幸せになりましょ〜自由に生きていくのよ

が無かったのと、(これ宝塚ver.ありましたよね…?)

エーヤンエリザベート!

のくだりがルキーニの語りだけになっていました。ハンガリー国旗のドレスのとこですね。

あとは台詞も含め本編そのまま進んでいました。細かいカットはあるかもしれないですが私は気づきませんでした。

エリザベートは好きやけどコンサート…ってなってる方!配信見た方がいいよ!!!

Advertisement

パワーアップしまくった朝夏まなとトート閣下

えっぐいです。

1回女性期間を挟んだからなのか(?)、声に柔らかさが増していてより中性的なトートになっていました。

高音も現役時代よりすんなり出てて耳が幸せやったし、

何より「最後のダンス」のシャウト。

本場ウィーンver.のトートはロックシンガーみがあるのですが、今回はそれに近かった気がします。

何が言いたいって

めちゃくちゃかっこいい。

お前は〜俺と〜 の「俺と〜」の部分も、現役時代より1音も2音も上の音まで上がっていて、こちらの気持ちも天まで登りました。

朝夏トートと最後のダンス踊って召されたい。

その前にダンスの練習しないと。

ラストのサビのダンスも踊ってくれて、心の中の乙女が金切り声を上げました。

ぎゃあああああああ

ありがとう。人生に悔いなしです。

あと衝撃的だったのが、名台詞「死ねばいい!

ハットを叩きつけながら言うんですけど、その叩きつけ方がね!

パンっ!

パンって音が鳴ったんですよ!!

その勢いのまま

死ねばいい!!

マントも投げ捨てて赤い衣装にチェンジ!!

は〜〜〜〜

息が止まりました。

私の頭の上雷落ちました。

かっこよかったです…。

最後の天に召される(?)場面は、温かみのある白い照明の効果もあるかとは思いますが、めっちゃキラキラでした。

まあ様は内側から発光できるんですね。

みりおんを抱きしめる顔もほんとに柔らかくて、久々のまあみりでオペラグラスの視界をいっぱいにできたのが至福でした。

まあ様のトート、もう生で観れる瞬間は来ないと思っていたので、とってもとっても幸せでした。

全体を通して現役時代より余裕を感じられて、さらに磨きがかかったトートでした…。

もう1回見たい。GWの配信見よかな…

実咲凜音、降臨。

「パパみたいになりたい」での登場。

相変わらずほっそい

歌声も相変わらず綺麗でした。

裏声と地声がチェンジするときにカクンとする人結構いますが、みりおんって無いですよね。

切り替わったのは分かりますが、チェンジした部分があまり分からないような歌い方してて私はとても好きです。

あとあんなに平然とした顔で「私だけに」の最後の高音出すのほんまにすごい。

そして!

1幕ラストの美しさたるや。

みりおんなんて恐れ多くて言えません。

実咲凜音、降臨

そんな感じがしました。

あの場面、気高さが衣装、表情、立ち居振る舞い全てから滲み出てて大好きです。

2幕最後になると、気高さとかプライドとかすべて削り落とされて「ただのエリザベート」になる のがまた凄いですよね。同じ人なのに醸し出すオーラを変えられるなんて!

あと、早着替えの驚異的スピードにも驚きました。ほんと2分ぐらいで着替えてるのでは?あのもっさもっさしたドレス。

セットの転換が一切無い分、着替える時間も短くなっているのできっと裏でドタバタしてるのかしらね…

2幕ラスト、刺された後白いワンピースに着替えるときは、もはや裏ではなく舞台下手側に布めいたものが出てきていました。

最後トートと一緒に召される場面はその布の後ろから登場していたので、あそこで着替えたんでしょうね。

喪服割と分厚めに見えたので、下に着てたんかな。

なんにしろ出てくる場面ごとにほぼ毎回衣装が違うので、あの早着替えの素早さには圧巻です…。

あ、これまあ様もですね。2人とも凄いです。

トートの部下、宇月颯

めちゃくちゃ歌上手いんですが??

え、現役ですか???

正直退団した時も勿体ないなー!と思ってたのですが、今回さらにその気持ち強まりました。

顔もルキーニっぽい(?)し。

「しかし」とか「だけど」みたいな逆接で始まる台詞になると急に今までのスピードの1.25倍ぐらい早くなって話すのがなんともルキーニっぽい勢いがあって好きでした。

歌の時、ロングトーンで音程がブレずに最後まで伸ばせるのもめちゃポイント高いです。

あと個人的に気に入ったのが、トートの部下感が強いところ。

1幕、トートが脱ぎ捨てたマントを回収してダッシュで下手袖に捌けていったり、

死ねばいい!!で投げ捨てた帽子とマント拾って机の上に乗せたり、

トートが前通る時は礼儀正しく振舞ってたり、

カテコの時もまあ様への渡し方が「それでは閣下」www

個人的にはとてもしっくりくるルキーニでした。

あとはキッチュ前のアドリブがどれだけ変わってくるかですね…

今回は

2016年宙組エリザベートフルコスチュームver.だぜ(意訳)」

的なご挨拶だったので、回を重ねるごとにどれぐらい遊ぶようになるか、皆様のレポを楽しみにしています。

豪華も豪華なキャスト陣

フランツ役 北翔海莉さん!!!!

わたくしこの方の舞台を生で拝見するのが初めてでして…。

なにあの包容力のかたまり!!!!!

フランツの歌声が優しすぎて、扉開けてあげてよ!!!となりました。

1幕最後、「君の手紙何度も読んだよ」の「何度も」の部分、今まで聞き流してたんですけど、今回初めて意識が向きました。

ほんとに何度も読んで、今までエリザベートに言われたことを反芻して、ああ向き合えてなかったなあって反省して、

母親になんて言おうか、なんて交渉しようか、一生懸命考えたんやろなあ…っていうのがビシビシ伝わってくる歌い方でした。

お優しい方なんやろうなあ。声の温かみが他の人とは別次元のものでした。

お次はルドルフ役 澄輝さやとさん!!

久しぶりすぎる。

オーシャンズ11以来のご対面です。

2016年宙組エリザは桜木ルドルフしか見たことなかったので、今回新鮮でした。

さすが宙男、背が高いのなんの。

「闇が広がる」でトートに引っ張られるところが好きなんですけど、今回もいい引っ張りでした(語彙力)

2番、手繋がずに引っ張られてたんですけど、前からそうやったっけ?ソーシャルディスタンスver.?

なにせ安定の歌唱力。目も耳も幸せでした。

他の皆様もね、ほんとに歌うまいしきらびやか。

冒頭なんて、こんだけしかおらんのにその厚みのコーラス?!?!ってなりました。

もっと沢山いるように聞こえます。

辞めて久しくてもこんだけ歌えるんよね…OG凄すぎる…

毎公演出演される方も沢山いるので、どうか健康に気をつけて無事公演が終われますように…。

Advertisement

おわりに

もうね、

最高

これ以外無いです。

殴り書き感想なのでところどころ日本語が怪しいですが、せっかく’16宙組エリザフルコスチュームver.の初日を観れたのではやくお届けしよう思いダッシュで書き上げました。

劇場に行く方も、配信の方も、DVDの方も、まだまだエリザガラコン楽しみましょうね!

それでは、

おあとがよろしいようで。

宝塚歌劇カテゴリの最新記事